当たる占いは本当に存在するのか!占いのいい結果と悪い結果の対処法

占いへの接し方
占いはその人の将来や未来を示してくれます。
占いが示す結果から、希望を持ったり不慮の出来事に備えるという人もたくさんいます。
一般的に、男性よりも女性のほうが占い好きが多いようです。
毎朝テレビの情報番組の「占いコーナー」で自分の星座や血液型の占い結果をチェックしてからでないと学校や仕事に出掛けないという人も少なくないといいます。
でも、その結果がその人の日常に大きく影響しているとは思えません。
つまり、そんな人にとってはもはや占いは「お楽しみ」のひとつでしかなく、さほど影響力を与えるものではないのでしょう。
また、占いの内容を信じる人もいればまったく信じないという人もいますし、いいことだけを信じて悪いことは信じないという人も少なくないようです。
その一方で、結婚や転職、その他人生の岐路を左右するような事態に遭遇したときに、その答えを占いに求めるという人も珍しくないのです。
このように、占いというものに対して人それぞれによって受け取り方が異なるのです。
しかし、占いの結果に固執する人はそれにあまりにも影響され過ぎるきらいがあります。
占いの結果だけを信じて、それを鵜呑みにしてしまうこともよくあります。
占いはあくまでも将来や未来に起こりうることを伝えて、それに向けてどうすればいいのかをその人自身で考え行動するための「指針」を示すものです。
占いの結果を聞いてどうするのかはその人が決めなければならないのに、占いに固執する人は結果だけに囚われてしまっているのです。
昔から「当たるも八卦、当たらぬも八卦」といいますが、本体はそんな考え方で占いに接すのが好ましいのではないでしょうか。

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です